跳至产品信息
1 / 1

イムノ ゴールドSS / IMUNO PLAN® AHCC®︎ METHOD | Search

イムノ ゴールドSS / IMUNO PLAN® AHCC®︎ METHOD | Search

AHCC®・植物性乳酸菌配合サプリメント

大型タンク培養法を用いて発酵分解した独自製法のAHCC®と植物性乳酸菌(HSK201)を配合したソフトカプセルです。

免疫力の強化、感染症への防御が期待されています。
また、AHCC®単体よりも乳酸菌を加えることにより、活性を高めることが期待できます。

------------------

AHCCとは?

キノコ(シイタケ)の菌糸体を大型タンクで液体培養し、発酵分解した担子菌培養抽出物加工食品です。
世界で唯一、アミノアップの工場でのみ製造されており、安定した品質が保たれていることが特徴です。
1986年の開発以来、世界中の医療機関や大学でがんや感染症に関わる免疫力の調整作用や人体への安全性についての研究が行われております。

【含有量】
1粒495mgあたり AHCC細粒300mg / HSK乳酸菌7.2mg

含税费。
常规价格 ¥10,390
促销价 ¥10,390
促销 售罄
容量

こんな方におすすめ

免疫力をあげたい方、健康を気にかけている方

商品の特徴

免疫力の強化、感染症への防御として使われている例が世界中であります。

全成分表示

担子菌培養抽出粉末(担子菌培養抽出物、デキストリン) (国内製造) 、DHA含有精製魚油、乳酸菌粉末(デキストリン、加熱済み乳酸菌末(大豆を含む)) / ゼラチン、グリセリン、シクロデキストリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、カラメル色素、植物レシチン(大豆由来)

副作用

食物アレルギーのある方は全成分表示をご確認ください。

原材料の特質上、稀に魚油臭がございます。

ご使用方法

1日3粒を目安に水または、ぬるま湯でお召し上がりください。

使用及び保管上の注意

高温多湿及び直射日光を避けて保存してください。

冷蔵庫に保存するとカプセルが硬くなりひびや割れを生じることがありますのでお気をつけください。

查看完整详细信息

\全品5%OFF/ はじめてのお客様限定クーポン
クーポンコード:newelife

公式LINEお友達追加
お得なキャンペーンのお知らせたくさん!

✨全品5%オフ✨ 初回注文の新規ユーザー様限定! クーポンコード:【newelife】

    AHCC®・植物性乳酸菌のサプリメント
    AHCC®単体よりも乳酸菌を加えることにより、活性を高めることが期待できます
    AHCC® とは?

    キノコ(シイタケ)の菌糸体を大型タンクで液体培養し、発酵分解した担子菌培養抽出物加工食品です。世界で唯一、株式会社アミノアップの工場でのみ製造されており、安定した品質が保たれていることが特徴です。1986年の開発以来、世界中の医療機関や大学でがんや感染症に関わる免疫力の調整作用や人体への安全性についての研究が行われております。

    イムノゴールドSSの特徴

    免疫力の強化、感染症への防御として使われている例が世界中であります。

    服用方法

    1日3粒を目安に水または、ぬるま湯でお召し上がりください。
1粒中にAHCC細粒換算で300mgと乳酸菌7.2mgを配合。イムノゴールドSS を毎日の健康維持にお役立てください。

    イムノゴールドSSに関するよくあるご質問
    AHCC®はどこで製造されていますか?
    製造工程を教えてください。

    イムノゴールドSSは大型タンク培養法を用いた独自製法により酵素反応を経て、抽出、生成したAHCC®と植物性乳酸菌(HSK201)を配合したソフトカプセルです。

    担子菌培養抽出物 AHCC®とはなんですか?

    AHCC®は活性化糖類関連化合物(Active Hexose Correlated Compound)と言い、担子菌(キノコ類)の菌糸体を大型タンクで長期間培養して得られる担子菌培養抽出物です。
    AHCC®はキノコの可食部分(子実体)ではなく、土中や木質などの培地に広がって存在している根の部分である菌糸体が由来です。AHCC®はキノコの中でもシイタケの菌糸体を培養して作られています。

    通常のキノコ製品では、β-グルカンと呼ばれるものが主成分といわれていますが、AHCC®にはアシル化α-1.4グルカンと呼ばれる特殊なグルカンが含まれています。AHCC®は(株)アミノアップの工場のみで製造されています。


    AHCC®は、キノコの中でも担子菌類に属するシイタケの菌⽷体をアミノアップ独⾃の技術で⻑期間液体培養することで製造されます。予備培養から⼤型タンク内での本培養まで、30〜40⽇間にわたって培養され、その後、濃縮、滅菌、凍結乾燥などの⼯程を経て製品化されます。

    1986年の開発以来、世界中の医療機関や⼤学でその機能性や⼈体への安全性についての研究が⾏われています。